考えている男性と薬
赤と緑のカプセル

バルトレックスは口唇ヘルペスや性器ヘルペス、水ぼうそう、帯状疱疹と言ったヘルペスウイルスの感染によって起こる疾病の治療に使われます。
ヘルペスウイルスは現在の医療では一度感染したものを完全に殺菌することが出来ません。
ウイルスの増殖を抑える治療が行われ、処方されるのが抗ウイルス薬のバルトレックスなのです。

ヘルペスに限らずウイルスというのは増殖するときにDNAを複製することで増殖していきます。
そのため、DNAの複製ができなくなればウイルスの増殖を抑えることが出来るのです。
DNAが増殖される時にはDNAポリメラーゼという酵素が関与しているのですが、ヘルペスウイルスの増殖を抑えるためにDNAポリメラーゼが阻害するように作られているのがバルトレックスなのです。
DNAの複製が出来なくなるとウイルスは増殖できなくなり、症状が沈静化して行くのです。
人間の細胞が増殖するときにもDNAが複製されますが、バルトレックスはヘルペスウイルスのDNAポリメラーゼだけを阻害するように作られています。
バルトレックスの特徴として、アミノ酸を結合させているので、消化器官で体内に吸収されるスピードが早く、薬を何度も服用しなくても早く効果が現れます。

ここで症状が沈静化しても、ウイルスは人間の神経節に潜んで免疫力が低下すると再び活動を活発化させてヘルペスや帯状疱疹を引き起こします。
何度治療しても再発を繰り返してしまう場合には発症してから飲むよりも少量のバルトレックスを継続して服用することで、再発を予防することが出来ます。
この場合にもウイルスのDNAの複製を抑制して、免疫力が落ちた際にウイルスが活性化しないようにして再発を予防しています。
ちなみにこのバルトレックスや同じく感染症に効果のあるゾビラックスはネットで簡単に買えます。

記事一覧

ヘルペスウイルスに対する感染は必ずしも自覚症状を伴わないという面がありますが、抵抗力が低下してしまっ...

性交渉が原因で起こってしまう性病の一種に、性器周辺に赤い発疹ができてしまう性器ヘルペスがあります。 ...

日中はそれほど汗をかいたりはしなくても、夜の睡眠では何故かたくさん汗をかくケースがあります。 ひどく...

近年は性交渉の機会の増加や性年齢の年齢層の拡大によって、より性感染症が起こる確率は高くなってきていま...

ヘルペスウイルスはありふれたウイルスの一つであり、多くの人が日和見感染していることが知られています。...

バルトレックスで治療することのできるヘルペスウイルスは、体中のあちこちに感染し、水ぶくれを作るだけで...

ヘルペスは、一般的には性行為感染症と考えている方達が多い感染症ですが、多くの方が経験された水疱瘡もヘ...