考えている男性と薬
  • ホーム
  • 鼻血につながるヘルペスと保険適用のバルトレックス

鼻血につながるヘルペスと保険適用のバルトレックス

心配している男性

ヘルペスウイルスはありふれたウイルスの一つであり、多くの人が日和見感染していることが知られています。
症状として水疱ができ、痛みやかゆみを伴いやすいというのが特徴です。
最もよく知られているのが口唇ヘルペスであり、唇や口の周りに水疱ができます。
経過として初めに痒みが生じて赤く腫れてくることが多く、そのまま数日間放置していると水疱ができ、それが割れてかさぶたができて治るというのが一般的です。
これはヘルペスウイルスの増殖によって生じている水疱ですが、通常は日和見感染を起こしており、免疫による抵抗力が勝っているためにこういった症状が出ることはあまりありません。
しかし、ストレスや病気などの様々な原因で免疫力が低下するとヘルペスウイルスの増殖力が勝り、水疱が生じることになります。

こういった際の水疱の治療にはバルトレックスが有効であり、保険適用で処方してもらうことができます。
抗ウイルス薬であるバルトレックスはヘルペスウイルスに対して有効性が高く、わずか数日の間に水疱を回復させることができると知られています。
ヘルペスウイルス感染は口唇ヘルペスが典型的であるものの、他の場所にも発症することがあるということは理解しておくべきことでしょう。
顔や腕などに水疱ができる場合もあり、さらには口の中やのど、鼻の中にもできることがあります。
しばしば鼻血の原因にもなるのがヘルペスウイルス感染であり、初期のかゆみによって爪で引っ掻いて傷をつけてしまったり、水ぶくれを潰してしまった勢いで出血が起こってしまったりするのです。
ニキビとも混同されやすいものの、誰にでも起こりうるヘルペスウイルス感染による症状として覚えておくべきものでしょう。